フレーバープロファイル

スパイス航路

ザ・スコッチモルトウイスキー・ソサエティの複雑なシングルモルト1杯から発見できるスパイスの広がりは尽きることがない。では、ソサエティの12種類の各フレーバープロファイルと特定のフレーバーの相性はどうだろうか。ザ・スコッチモルトウイスキー・ソサエティの幹部料理長ジェームズ・フリーマンに依頼して、ジェームズの看板料理に合う、スパイスの効いたソサエティウイスキーをマッチングしてもらった。

若々しく & 軽快 / YOUNG & SPRITELY

このフレーバープロファイルを、ホースラディッシュクリームソースを添えた熱々の鯖のグリルと合わせると、魚の脂っこさが抑えられ、ホースラディッシュの新鮮な辛味が引き立つ。

甘い、フルーティー & メロー / SWEET, FRUITY & MELLOW

ナツメグ、シナモン、クローブやドライフルーツの風味豊かなクルーティダンプリング(蒸しケーキ)と合わせたい。

スパイシー &甘い / SPICY & SWEET

スパイシー &甘いフレーバープロファイルのウイスキーは、レモングラスとグリーンペッパーコーンを加えた、酸味のあるライムのフレーバーのタイカレーを引き立たせ、よくマッチする。

スパイシー & ドライ / SPICY & DRY

ウイスキーのスパイシーさが、当ソサエティの人気メニュー、フェンネル、コリアンダーシードとレモンの皮を添えたウイスキー漬けサーモンと良く合い、魚の脂っこさも抑えてくれる。

芳醇、濃厚 & ドライフルーツ / DEEP, RICH & DRIED FRUITS

厳密にはスパイスとは言えないが、コーヒーアイスクリーム添えのブラウニー(チョコレートケーキ)との組み合わせてはどうか。芳醇、濃厚 & ドライフルーツのフレーバーは極上の組み合わせだ。

熟成感 & 濃厚 / OLD & DIGNIFIED

多めのシナモンをクランブルに加え、仕上げには少量の蜂蜜を加え軽くかき混ぜた生クリームをかけたアップルクランブルとマッチさせたい。

軽い & デリケート / LIGHT & DELICATE

鯖またはムール貝のエスカベッシュと楽しみ、最高価なサフロンのスパイスの香りを光り輝かせたい。

ジューシー、オーク & ヴァニラ / JUICY, OAK & VANILLA

高級バニラアイスクリームに注ぐか、または(エディンバラの)クイーン・ストリートのチーズケーキと一緒に楽しまれてはいかが。本物のバニラのフレーバーとは最高の組み合わせだ。

オイリー & 潮風 / OILY & COASTAL

新鮮な白い蟹肉のパプリカパウダー入りマヨネーズ和えとぴったりだ。ウイスキーの潮風のフレーバーが蟹とぴったりで、オイリーなフレーバーもマヨネーズのスモーキーな辛味に負けていない。

軽いピート / LIGHTLY PEATED

軽いピートフレーバーのウイスキーは、肉の炒め煮込みと相性がいい。モロッコ風ラムのタジン鍋と合わせると、ウイスキーのスモーキーな香りがクミンとコリアンダーを引き立てる。

ピート / PEATED

チリのジャムを作ってスモークサーモンかブルーチーズと食すると、ピートのウイスキーに元々うってつけな上に、ウイスキーがチーズの甘辛い香りに屈しない。

重いピート / HEAVILY PEATED

思いピートに負けないように、ピートで強くスモークしたハドック(紋付タラ)にカレースパイス(特にフェヌグリークとマスタード)をまぶしてオーブンで焼くといい。